スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
カメラの操作・設定
カメラの操作方法

コマやポーズウィンドウにおける3D空間のカメラの操作方法は以下の通りです。

マウスの右ボタンをドラッグ……カメラをドラッグした方向に回転します
マウスのホイールボタンをドラッグ……カメラの移動
マウスのホイールを回転……ズーム、アンズーム

CTRLキーを押しながらホイールを回転すると、小さくズームすることができます

ポーズウィンドウでは、CTRLキー+左右のキー で画面を傾けることができます。画面を水平に戻したいときや、画面を傾けて動く感じを出したいときに便利です。



カメラの位置、キャラ・3Dモデルの位置

素材ウィンドウの3D空間のカメラの位置ボタン をクリックして、素材ウィンドウの一覧からカメラの位置をクリックすると、カメラの位置を簡単に移動できます。

素材ウィンドウのキャラ・3Dモデルの位置ボタン をクリックして、素材ウィンドウの一覧からキャラ・3Dモデルの位置をクリックすると、キャラ・3Dモデルの位置を簡単に移動できます。


カメラのプロパティ

素材ウィンドウの3D空間のカメラの位置ボタン をクリックすると、プロパティウィンドウにて下記を変更できます。
カメラのプロパティは、コマごとに異なる設定となっています。カメラのプロパティを変更しても他のコマのカメラには影響ありません。

プロパティ説明
カメラの投影方法透視投影を選択すると、遠いものほど小さく表示されます。平行投影を選択すると、遠くても小さくなりません。平行投影は距離に関わらず同じ大きさで表示されます
透視投影時の視野角(単位:度)透視投影のときの垂直方向の視野角を指定します。この値が小さくなるほど望遠レンズのような奥行きが圧縮された表示になり、逆にこの値が大きくなるほどパースが強くかかった表示になります。視野角が大きいと画像の歪みが目立つようになります
平行投影時の画面サイズ平行投影のときの表示の範囲を指定します。この値が大きくなるほど画面に表示する範囲が広くなります
クリップの簡易設定カメラからどれだけ離れたところから、どこまでを描画するかを設定します。髪や服がちらついたり、つきぬけたりする場合、クリップ距離の調整で直ることがあります
クリップの開始距離描画される最も近い距離を設定します。クリップの開始距離と終了距離の差を大きくしすぎると、表示がおかしくなる(例えば髪や服がちらついたり、つきぬけたりする)ことがあります
クリップの終了距離描画される最も遠い距離を設定します。クリップの開始距離と終了距離の差を大きくしすぎると、表示がおかしくなる(例えば髪や服がちらついたり、つきぬけたりする)ことがあります




カメラがキャラに近づくと、上のように体の中身(ポリゴンの裏側)が見えてしまうことがあります。どアップにしたために、モデルがクリップの開始距離を超えてしまったことが原因で起こります。そんなときはカメラのプロパティで、クリップの距離をもっと小さい値に変更するか、「クリップの簡易設定」から「顔や手足のアップを映す距離」を選択してください。カメラが限界まで近づけるようになります。


スポンサーサイト
[2016/09/17 21:27] | カメラ | コメント(0) | page top
<<ポーズの変更 | ホーム | 画像・効果線・擬音の作成・変更>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。