スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
VRoid Studioでつくった3Dキャラクターのインポート
VRoid Studioからインポートしたキャラ

上の画像はVRoid Studioでつくった3Dキャラを萌えマンガライターで操作しているところです。

さてVRoid StudioというのはPixivが開発する3Dキャラクター作成ソフトです。
VRoid Studioを使ってみると、簡単に3Dキャラがつくれてたいへんに便利です。
他の3Dモデリングソフトではポリゴンをちまちま操作するのに対して、VRoidは主にスライダーの操作でつくれるので短時間でキャラクターがつくれます。
しかも、なんと!無料!
ちょっと驚くべきソフトです。
それで、このVRoid Studioで作った3Dキャラクターを萌えマンガライターで使うにはどうすればいいか? というのが今回の本題です。

VRoid Studioは3DキャラをVRMファイルでエクスポートできます。
しかし、VRMファイルは萌えマンガライターへ直接インポートできません。
VRMファイルをFBXファイルまたはMV1ファイルに変換する必要があります。
主に考えられる手順は以下の通りです。

(方法1)
VRMファイル→FBXファイルに変換→萌えマンガライター
(方法2)
VRMファイル→PMXファイルに変換→MV1ファイルに変換→萌えマンガライター

また、萌えマンガライターへインポートするキャラはMMDモデルの標準ボーンにしなければいけません(プリセットのポーズを指定できなくなります)。
具体的にはVRoid Studioでつくった3Dキャラのボーン名をMMDモデルの標準ボーンの名前に変更する必要があります。
そのため、上記の(方法2)の方が都合がよくうまくいきやすいと思われます。
VRMファイル→PMXファイルに変換については、細かい手順は結構大変なので省略しますが、グーグルで"vroid vrm pmx 変換"で検索すれば参考になる記事がいくつかでてきます。
PMXファイル→MV1ファイルに変換については、素材のインポート の PMXファイルについて をご参照ください。
お試しください。

スポンサーサイト
[2018/10/13 03:45] | 雑談 | コメント(0) | page top
| ホーム | 新しい機能の要望アンケート>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。