スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
エフェクト機能で絵を綺麗に!
萌えマンガライターのバージョン1.1 から、コマごとにエフェクトがかけられるようになりました。
エフェクト機能で絵をより綺麗に見せることができます。
例えば、「ソフトフォーカス」のエフェクトはうっすらとボケた感じを出して、女の子をかわいく魅せるのに効果的です。

エフェクトを適用していないときの画像です
エフェクトの説明_ノーマル

「ソフトフォーカス」エフェクトは、カメラのレンズの絞りを開いたような、うっすらとぼけた感じを出します。女の子のかわいい雰囲気を出すときによく使います
エフェクトの説明_ソフトフォーカス

「発光」エフェクトは、白い部分がより広く光るようになります
エフェクトの説明_発光

「ガウスぼかし」エフェクトは、ガウス分布に従って画像をぼかします
エフェクトの説明_ぼかし

「モノトーン」エフェクトは、画像を単色にします。セピア調や白黒調や古い白黒映画調などにできます。過去のシーン(回想シーン)を演出するときに使えます。
エフェクトの説明_モノトーン

「色反転」エフェクトは、RGBの数値を反転させます。ショックなときや驚いたときの演出などに使えます。
エフェクトの説明_色反転

「色相・彩度・明度」エフェクトは、色を調整するときに使用します。「色相」は色合い、「彩度」はあざやかさ、「明度」は明るさのことで、この三つの要素を変化させます
エフェクトの説明_色相・彩度・明度

「2階調化」エフェクトは、閾値より高いか低いかで色を2色にします
エフェクトの説明_2階調化

「レベル補正」エフェクトは、明るさを調整するときに使用します
エフェクトの説明_レベル補正

エフェクトはプロパティウィンドウにて細かい調整ができます。
いろいろ触ってパラメータを変えてみてください。
また、コマの内容を編集するとエフェクトが解除されますが、メニューの「ライトとエフェクトをレンダリング」(ショートカットキーはCtrl+R)をクリックすると再びエフェクトが適用されます(毎回ライトとエフェクトを計算するとレスポンスが悪くなるので、このような仕様になっています)
スポンサーサイト
[2016/11/15 22:24] | 雑談 | コメント(0) | page top
<<マンガが描けない人がマンガを描かされたら、という話 | ホーム | バージョンアップしました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。