スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
作成したマンガを書き出す
マンガが完成したら、画像にして読者に公開すると思いますが、その画像を作成する手順を後述します。
その前に、画像を出力する領域を決めなければなりません。
画像を出力する領域はメニューの ファイル → キャンバスの設定 で指定できます。
画像を出力する領域を当ソフトでは「キャンバス」と呼んでいます。
初期設定では、背景が白色の部分が画像に出力する領域(キャンバス)で、背景が灰色の部分が出力されない領域になります。



背景が灰色のところにあるものは画像に出力されません。
もし、灰色部分(キャンバスの外側)に絵を描いていたら、メニューの ファイル → キャンバスの設定 でキャンバスを広げて、絵がキャンバスの内側(白色部分)に入るようにしましょう。

メニューの ファイル → キャンバスの設定 の画面


キャンバスの設定 の画面に対応する項目




作成したマンガを書き出す

作成したマンガは、JPEG画像、PNG画像、ビットマップ画像の形式で書き出すことができます。

作成したマンガを書き出す手順は
(1) メニューの ファイル → キャンバスを画像で書き出す をクリックします
(2) ファイル名とファイル種類を指定します
(3) 出力する画像のサイズを入力します。キャンバスより大きいサイズを指定すると拡大して出力されます
  また、背景を透明にする場合には「キャンバスの背景を透明化」にチェックを入れてください
  (PNG画像とビットマップ画像のみ背景の透明化が可能です)
(4) JPEG出力の場合、JPEG画像の品質を指定します。JPEG画像の品質は、高くすると画像が綺麗になるかわりにファイルサイズが大きくなり、低くすると画像が汚くなりますがファイルサイズは小さくなります

スポンサーサイト
[2016/09/18 06:56] | マンガを書き出す | コメント(0) | page top
<<問題点(既知のバグなど) | ホーム | 表情(モーフ)の変更>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。